気ままなフォト日記        トイプ‐そらとかい 拝啓15年後の皆様へ  23/09/29

拝啓15年後の皆様へ  23/09/29

    何年か前に夢中になって読んだ小説に
    作家 東野圭吾さんの 「 時生 」 というのがあります

    若くして不治の病で死んでいった息子
    それは本当に短い生涯でしたが 「 あなた方二人の子供に生まれて来て幸せだった 」と
    他の姿を借り まだ夫婦が出会う若い頃に 時空をさかのぼりやって来るのです

    事情も語らず夫婦の前に現れ 縁が結ばれるまでを見守るのです

    そして 時がたち 息子の病床で 昔、こんな事があったと夫婦二人が思い出す

    少しぶ厚い小説でしたが もしそんな事が現実に起きたら 悲しすぎ~。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。と
    話の展開、結末が気になり あっという間に読みあさってしまいました

    「 赤い糸 」、「 運命 」 って決まっているなら 出会いは早いほうがいい

    昨日のブログは 15年前の映像を見て子育てに奮闘して頑張っている自分がいたり
    それよりもなにより 何事も無くみんな一緒に同じ時間を刻んでいる

    穏やかそうに感じても 足速に過ぎていく時間

    これが逆に15年後はどうでしょうか? 

    長男=22+15=37歳 !(@@;)
    長女=19+15=34歳 !(*○*;)
    次女=17+15=32歳 !( ̄□ ̄;)   夫は? お母さんは ! 私はどうなる~\((;◎_◎)/

    拝啓 15年後の皆様 平穏無事をお祈りもうします
 


    子供達もいずれは巣立ってしまうのでしょうね
    毎日賑わっているダイニングル-ム 皆で囲む美味しい食卓
    段々とひっそりしてきたら 残った者同士仲良く暮らせたらいいね

    拝啓 15年後の私 心のすき間風が吹き込まぬよう 元気で楽しんでいて下さい
    
    
    今朝のお散歩 中央公園にて

    DSCN4784_R.jpg DSCN4782_R.jpg

    DSCN4788_R.jpg DSCN4791_R.jpg


    庭の様子

    DSCN4800_R.jpg DSCN4801_R.jpg

    DSCN4813_R_20110930144914.jpg DSCN4814_R_20110930144914.jpg

    DSCN4806_R.jpg DSCN4789_R.jpg



    









    
 

    

2011/09/30 13:23 | 日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |